カーテン カビ 対策

スポンサード リンク



カーテン カビ 対策 について

 

カーテンにカビがついたらなかなか取れないです。

 

洗濯すればカビが取れる場合もありますが、

黒い跡が残ることも多いです。

curtain-56008_640

 

特に白いレースのカーテンは洗濯しても

黒く残ってしまう事が多いです。

 

黒く残るのは、カビが出した色素です。

 

カビ自体を退治することはできても、黒い色素を落とすのは難しいです。

 

クリーニングに出しても黒い色素を落とすのは難しいです。

 

抗菌・防カビのカーテンにもカビが付くことがありますから

油断はできません。

 

ですから、カーテンはカビ対策は防止が大切になります

 

 

カーテンにカビが付く大きな原因は窓の水滴(結露)です。

 

窓の結露をマメに拭くようにすれば、

カーテンにカビが付くのを防ぐことができます。

 

面倒であれば、ホームセンターなどで売っている

結露防止スプレーを使うといいですよ。

 

寒暖差が激しい時など効果が薄くなることもありますが、

基本的には結露が付きにくくなります。

 

また、窓にプチプチを張っておくと結露を防止できます。

 

あと、洗濯できるカーテンであればマメに洗濯することも

カビが付くのを防止できます。

 

また、カーテンのカビを防止するスプレーも売っています。

 

 

カーテンにカビがついてしまった場合、

まずは漂白剤に付けておいてから洗濯したほうが

カビは落ちやすくなります。

 

漂白剤に付けておく時間等は、漂白剤の説明書きで確認してください。

 

それでもカビが落ちない場合は、カビキラーをスプレーして

しばらくしてから洗濯します。

 

それでもカビが落ちない場合はあきらめるしかないと思います。

 

あきらめきれないのであれば、クリーニングに出すのもいいでしょう。

 

ただし、黒い色素が落ちる可能性は極めて低いです。

 

あらかじめクリーニング屋さんに相談するといいですね。

 

 

カーテンを漂白剤に漬けたり、カビキラーをスプレーすると、

生地がかなり傷みます。

 

ですから、洗濯できるカーテンであっても

できれば漂白剤を使わないほうがいいと思います。

 

カーテンのカビ対策は取るよりも防ぐことが大切です。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)