誤嚥性肺炎 症状 発熱

スポンサード リンク



誤嚥性肺炎 症状 発熱 について

 

誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)の症状の一つに発熱があります。

 

一般的な肺炎と症状に大きな違いはありません。

 

誤嚥性肺炎かどうかは

お医者さんに診てもらわないとわからないでしょう。

201311203

 

ただし、嚥下障害(えんげしょうがい)であれば

誤嚥性肺炎だと疑う事はできますね。

 

 

ここで問題なのが、

高齢者だと誤嚥性肺炎になっても発熱しないことが多いです。

 

誤嚥性肺炎に限らず一般的な肺炎でも、

高齢者になると発熱しないことが多いです。

 

誤嚥性肺炎になると、

肺に入り込んだ菌を退治するために発熱します。

 

しかし、高齢になると菌を退治する機能が弱くなります。

 

それで、発熱しない場合があるのです。

 

 

誤嚥性肺炎の症状は発熱以外に、むせ・せき・たんなどがあります。

 

それで、発熱はないけどむせ・せき・たんの症状で

医者に診てもらったら誤嚥性肺炎だとわかった、という事もあります。

 

 

高齢者の場合、おかしな症状があっても

発熱がないからといって病院で診てもらわないと、

取り返しのつかないことになることもあります。

 

ですから、むせやせき、たんなどが増えたら、

医者に診てもらったほうがいいです。

 

高齢者になると、定期的に病院に行く人が少なくないと思います。

 

であれば、少しでもおかしな症状がでたら、

かならず医者に相談しましょう。

 

 

また、誤嚥性肺炎は高齢者に多いですが、

高齢者でなくても誤飲性肺炎になっています。

 

高齢者でなくても誤嚥性肺炎で発熱しないことはあります

 

誤嚥性肺炎は通常の肺炎とほぼ同じ症状で、

せき、たんが増えます。

 

少しでもおかしな症状が出たら、すぐに病院で診てもらいましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)