多臓器不全 治療

スポンサード リンク



多臓器不全 治療 について

 

多臓器不全の治療法は、

不全になった臓器を個々に治療していきます。

 

複数の臓器が関連しあって不全になった場合も、

個々に治療する以外に手段がありません。

201311203

 

多臓器不全になったら基本的には助からない、

と考えたほうがいいでしょう。

 

奇跡的に回復することもあります。

 

しかし、非常にまれなケースだと考えていいでしょう。

 

生存率は10%以下とか、ほぼ0%とか言われています。

 

少なくとも多臓器不全になっても回復している人もいますので、

生存率が0%ではないです。

 

しかし、多臓器不全で回復した例は非常に少ないのが現状です。

 

 

それで、多臓器不全の前段階での治療が重要だ、

と言われています。

 

多臓器不全は、

体の一部分の障害が影響して複数の臓器が不全になるか、

全身性炎症反応症候群(全身に炎症ができる病気)からなるか、

のどちらかです。

 

それで、複数の臓器が不全になる前か、

全身性炎症反応症候群の段階での治療が

非常に重要だと言われています。

 

 

多臓器不全に限らずどんな病気でも

早期発見、早期治療が大切だと言われていますよね。

 

多臓器不全は、前段階で何らかの症状があるので、

発見が遅れるという事はないと思います。

 

しかし、多臓器不全の前段階で早めに治療をすることで、

多臓器不全になるのを防ぐことができます。

 

風邪から多臓器不全になった、という例があるそうなので、

どんなに軽い病気でも早い段階で治療をしておくべきですね。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)