ストレス めまい 頭痛

スポンサード リンク



ストレス めまい 頭痛 について

 

めまいと頭痛が同時にする場合、

その原因はストレスであることが多いです。

sick_memai

 

ストレスは自立神経が乱れる原因になります。

 

自律神経が乱れると、頭痛やめまいなどの症状を引き起こします。

 

自律神経とは交感神経と副交感神経の2つからなる神経です。

 

交感神経は体を活発に活動したり、興奮したりする際に

作用する神経です。

朝、目が覚めたり、昼に活発に活動できるのは、

交感神経が作用しているためです。

 

副交感神経は、安静になったり眠気を感じたりする際に

作用している神経です。

夜眠くなったり、食後に眠くなったりするのは、

副交感神経が作用するためです。

 

それで正常であれば、

交感神経と副交感神経のバランスが取れています。

 

しかし、交感神経の働きが強くなると、

筋肉は硬くなり、血管が収縮します。

 

そうなると、血液の流れが悪くなります。

 

血液の流れが悪くなると、

血液の流れを良くしようとする物質が分泌されます。

 

その物質が頭を刺激するので頭痛がするのです。

 

 

また、平衡感覚をつかさどる器官の血流も悪くなります。

 

そうなると、機能が低下するので平衡感覚がおかしくなります。

 

それで、めまいがするわけですね。

 

 

ストレスが原因で頭痛とめまいがする場合、

まずは自立神経の乱れを整える必要があります

 

自律神経を整える方法は次の通りです。

自律神経を整える方法

・寝る2~3時間前はスマホやパソコンをしない、テレビを見ない

・寝室の照明を淡いオレンジ色にする

・睡眠の質を上げる

・朝日を浴びる

・朝食をきちんと食べる

など

 

正常であれば、夜は副交感神経が優位で、昼は副交感神経が優位です。

 

それで、睡眠の質を高くすれば、副交感神経が優位になります。

 

しかし、寝る前にパソコンやテレビ、スマホなどをすると、

画面から発する光によって興奮してしまうので、

睡眠の質が悪くなります。

 

ですから、寝る数時間前からパソコンなどをしない様にすれば、

興奮を抑えることができます。

 

また、部屋の照明をオレンジにすることで、

安静になることができます。

それで、睡眠の質を高くすることができるのです。

 

 

逆に朝になったら、目を覚ます必要があります。

 

そうすれば交感神経が優位になります。

 

朝日を浴びたり朝食を食べたりすることで、

朝が来たことを体に教えてあげると、交感神経が優位になります。

 

 

また、頭痛とめまいを解消するには、

自律神経の乱れの原因であるストレスを解消すること大切です。

 

なるべくストレスはためない、ためたストレスは発散する、

という事を心がけるようにするといいでしょう。

 

 

薬を飲んでめまいや頭痛を抑えるのも悪くはないですが、

根本原因を解消することも大切ですよ。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)