百日咳 大人 原因

スポンサード リンク



百日咳 大人 原因 について

 

百日咳の原因は、百日咳菌の感染ですね。

 

 

さて、百日咳になる大人が2007年以降、急増しています。

 

その原因は様々なことが考えられています。

201311203

 

百日咳菌の遺伝子の変化や予防接種率の低下、

幼児の時に百日咳になる人が減ったために免疫ができていない、

などがあります。

 

特に、幼児期は百日咳の予防接種をする人は多く、

幼児期に百日咳になる人は減っています。

 

予防接種後5年~10年で免疫力が低下します。

 

そうなると百日咳に対して免疫を持っていない大人が増えます。

 

そのことが原因で百日咳になる大人が増えているのではないか、

という説が有力とされています。

 

それに加えて、大人が百日咳になっても重症化することは少なく、

また、診断が比較的難しいことも百日咳になる大人が増えている原因と

考えられています。

 

百日咳は咳が続く以外に特に症状はありません。

 

ですから、病院で診てもらわない人も多い、と考えられます。

 

また、百日咳と特定するには抗体検査が必要ですが、

結果が分かるまで約4週間かかります。

 

ということもあって、通常は抗体検査は行いません。

 

ウイルスや細菌が原因で咳がひどくなっている、

ということまでは診断します。

 

百日咳だと特定しなくても、ウイルスや細菌が原因だとわかれば、

治療法は同じで抗生物質の摂取になります。

 

ですから百日咳と特定する必要はなく、

抗体検査をするのは過剰診察とされることがあります。

 

しかし、大人の百日咳の場合は咳がひどいという症状以外、

特徴的な症状はありません。

 

ですから、誤診もしばしばあります。

 

大人が百日咳になった場合、抗生物質を摂取しなくても、

時間はかかりますが自然に治ることが多いです。

 

ですから、百日咳を他の病気だと誤診したところで

さほど大きな問題にはならないです。

 

ウイルスや細菌に感染している、と診断されないと、

拡散の防止に努めないですよね。

 

それで、百日咳菌が広まって、百日咳になる人が多いのでは、

という事も考えられているのです。

 

百日咳は一昔前は子供の病気と考えられていました。

 

しかし、最近は百日咳になるのは大人のほうが多くなっています。

 

大人だからといって油断してはいけないですね。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)