みどりの日 国民の休日

スポンサード リンク



みどりの日 国民の休日 について

 

2014年現在、5月4日は「みどりの日」ですね。

 

しかし、5月4日は以前は「国民の休日」と呼ばれていました。

a0006_001497

 

1985年までは、5月3日(憲法記念日)、5月5日(子供の日)は祝日でしたが、

5月4日は休日ではありませんでした。

 

それで、5月3日か5月4日が日曜日にならないと3連休にはなりませんでした。

5月3日が日曜日なら、振り替え休日で5月4日は休みになっていました。

しかし、3日か4日が日曜日でないと飛び石連休になってしまいます。

 

それで、この飛び石連休を解消してほしいという世論にこたえる形で、

1986年に「祝日と祝日に挟まれた平日を休日にする」という法律ができました。

 

それで、憲法記念日と子供の日に挟まれた5月4日が休日になったんですね。

 

そして、5月4日の休みが「国民の休日」と呼ばれるようになりました。

 

その後、2007年に5月4日を「みどりの日」とし、正式に祝日になりました。

 

5月4日が「みどりの日」になる前は、

5月4日が日曜日の場合、振り替え休日が発生しませんでした。

しかし、5月4日が「みどりの日」になってからは、

5月4日が日曜日だと5月6日が振り替え休日になります。

 

 

さて、5月4日が「みどりの日」になるいきさつですが、

「みどりの日」は、以前は4月29日でした。

 

昭和時代は4月29日は天皇誕生日でした。

 

しかし昭和天皇崩御によって、この日が祝日にならなくなります。

 

ただ、この日を祝日のままにしたい、という世論にこたえる形で

「みどりの日」として祝日として残されることになりました。

 

しかし、「激動した昭和時代の記念する祝日を作りたい!」と

と考える国会議員がいました。

 

そういった国会議員の働きかけによって、

2007年から4月29日を「昭和の日」とすることになったのです。

 

そして、みどりの日は5月4日に移動になりました。

 

 

5月の飛び石連休を解消するために「国民の休日」が作られましたが、

「みどりの日」が5月4日に移動してからも「国民の休日」は残っています。

 

「祝日と祝日に挟まれた平日を休みとする」という法律は、

まだ廃止されていません。

 

それで、数年に1回、敬老の日と秋分の日に挟まれた平日ができ、

「国民の休日」になります。

 

2015年は、9月21日が敬老の日、9月23日が秋分の日になります。

そして、9月22日は火曜日で、祝日と祝日に挟まれた平日になりますから、

国民の休日になります。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)