脳震盪 安静

スポンサード リンク



脳震盪 安静 について

 

脳震盪(のうしんとう)になったら、安静にする必要があります

 

横になり、頭を動かさない、衝撃を受けないようにする必要があります。

illust203

 

特に中度の脳震盪の場合は1週間以上安静にする必要があります。

 

中度の脳震盪とは、一瞬でも意識を失った状態のことです。

 

意識は失っていないけど体が動かない、というのは、

軽度の脳震盪になります。

 

1秒でも意識を失ったら中度の脳震盪になります。

 

その場合は1週間は安静にする必要があります。

 

中度・重度(2分以上意識を失った場合)の脳震盪の場合、

脳が損傷している可能性が高いです。

 

脳が損傷したままの状態で回復していないのにもかかわらず、

頭を動かしたり、再び強い衝撃を受けた場合、

脳に障害が残ったり死亡したりすることが多いです。

 

脳が回復していないのに再び強い衝撃を受けた場合、

致死率が50%だ、という事です。

 

ですから、脳が回復するまで最低約1週間は絶対安静です。

 

軽度の場合は、頭痛などの症状がなければ問題ない、

とされていますが、

念のため1週間安静にしておいたほうが良い、という意見は多いです。

 

 

さて、脳震盪という言葉は聞いたことがある人は多いですが、

いざ誰かが脳震盪になった場合、

どう対処したらいいのかわからない、という人が多いそうです。

 

スポーツをしている時に脳震盪になったのにもかかわらず、

一瞬意識を失っただけですぐに回復し、たいした症状もないので、

再びスポーツを再開する、という事も十分あり得る、という事です。

 

しかしこれは非常に危険です。

 

脳震盪を起こしたらすぐに救急車を呼び、病院で診てもらいましょう。

 

脳震盪になったから自分で車を運転して病院に行く、

なんていう人がいてもおかしくないと思いますが、

脳震盪の直後の車の運転は危険です。

 

救急車を呼んだほうがいいでしょう。

 

 

ただし、頭を打ったから脳震盪になった、というわけではありません。

 

脳震盪になったら、意識を失わなくても体が一瞬でも動かせなくなります。

 

脳震盪ではないのに頭を打っただけで救急車を呼ぶのは

どうかと思いますので、

その場合は自分で病院に行きましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)