黄砂 症状 喉の痛み

スポンサード リンク



黄砂 症状 喉の痛み について

 

黄砂が飛んできたときには人によっては様々な症状をひきおこしますね。

 

その一つに喉の痛みがあります。

a0002_004880

 

黄砂によって喉が痛くなるのは、アレルギー反応であると考えられます。

 

アレルギー反応とは、

体内に異物が入ってきたときにおこる体の反応のことですね。

 

黄砂は中国から飛んできますよね。

 

その時に中国の空気が汚染されている地域を通った後に日本に飛んできます。

 

ですから、黄砂には汚染物質がくっついています。

 

その汚染物質に対してアレルギー反応が出てしまいます。

 

それで喉が痛くなるのです。

 

 

黄砂そのものに体はアレルギー反応を引き起こすのか引き起こさないかは、

意見が分かれています。

 

つまり、仮に黄砂に汚染物質がくっついていないとしたら、

アレルギー反応として喉が痛くなるのかどうかは、

人によって意見が分かれる、という事です。

 

 

さて、黄砂の症状による喉の痛みを抑えるには、

まず、うがいをして喉にくっついた黄砂を洗い流すといいでしょう。

 

ただし、うがいをしても喉にくっついた黄砂をきれいに洗い流すのは無理です。

 

しかし、喉を潤せば痛みは緩和されます

 

喉を乾燥させないようにするといいでしょう。

 

喉が炎症した場合は、

トローチなど薬を口にすれば痛みを抑えることができます。

 

炎症した場合でも喉を潤せば喉の痛みを緩和できます

 

 

ただし、喉にくっついた黄砂は体内に入ってしまいます。

 

そうなると、汚染物質が体内に入ってしまいます。

 

それで、肺炎、気管支炎の原因ともなり得ます。

 

また、黄砂にくっついている有害物質が体内に入り、

様々な臓器に悪影響を及ぼす、という指摘もあります。

 

 

黄砂は体内に入らないようにすることが大切です

 

黄砂が飛んでいるときはなるべく外出しないほうがいいです。

 

外出するときはマスクをするなどして黄砂が体内に入らないようにしましょう。

 

ちなみに黄砂は花粉よりも粒子が細かいです。

 

また、最近は黄砂にPM2.5がくっついている、と考えられます。

 

ですから、PM2.5対策用のマスクをするといいでしょう。

 

ウイルスの侵入を防ぐマスクでも黄砂の侵入は防ぐことができます。

 

しかし、黄砂にくっついたPM2.5が侵入してくる可能性があります。

 

PM2.5は体への様々な悪影響が指摘されています。

 

ですから、黄砂とともにPM2.5の侵入も防ぐ必要がありますよ。

 


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)