新宿御苑 花見 場所取り

スポンサード リンク



新宿御苑 花見 場所取り について

 

新宿御苑は東京の桜の名所の一つですね。

 

それで、新宿御苑で花見をしようと考えている方も多いと思います。

 

しかし、新宿御苑の花見の場所取りはそんなに大変ではありません。

上の動画は、2013年3月26日火曜日、桜が満開の時に撮影されたものだそうです。

 

何時に撮影されたものなのか不明ですが、

人は多いけどシートを敷いて大人数で食事をするスペースがあるのは

分かりますよね。

 

桜の花から遠くても構わない、という事であれば、

場所取りをしなくても大勢で食事をするスペースは確保できるでしょう。

 

桜のシーズン中は入口の門のところで並ぶことがありますが、

中に入ってしまえば人は流れますし、

40人~50人くらいで座って食事できるスペースはあります。

 

 

ただし、平日、土祝日にかかわらずお昼は

桜の木の近くはランチを食べている人でいっぱいです。

 

ですから、桜の木の近くでお花見をしたいという事であれば、

開門時間の午前9時に行って場所取りをしたほうがいいでしょう

 

 

新宿御苑の花見で注意しないといけないのは、

アルコールの持ち込みが禁止されています。

 

そして、カセットコンロの持ち込みも禁止です。

 

カラオケやラジカセ、拡声器など大きな音の出るものも

持ち込みが禁止されています。

 

また、開園時間は9:00~16:00です。

 

ですから、新宿御苑の花見はお弁当を持っていって

ランチをするという感じになりますね。

 

花見というと、お酒を飲みながら宴会をする

というイメージがあるかもしれませんが、

新宿御苑内ではお酒を飲むことができません。

 

 

ただ、酔っ払いが騒いでいたりカラオケしたりしていませんので、

穏やかな雰囲気でゆっくり桜の花を楽しみながら食事することができますよ。

 

人は多いので、静かとは言えませんけどね。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)