花冷え 時期

スポンサード リンク



花冷え 時期 について

 

花冷えとは、桜の咲く時期に一時的に冷え込むことですよね。

 

桜の咲くころになると、だんだんと暖かくなっていきますよね。

 

しかし、一時的に寒くなることがありますよね。

4月に大きく気温がさがって雪が降ったこともありましたよね。

 

花冷えは桜が咲いている時期だけではなくて、

春に一時的に気温が下がれば花冷えといいます。

 

a0790_001127

 

ただし、春先の寒さは花冷えとは言わず、

春になってすっかり暖かくなった時期の一時的な寒さを花冷えといいます

 

 

似た言葉で春寒というのがありますが、

春寒とは春先の寒さのことを言いますよね。

 

手紙の時候の挨拶として「春寒の候」というのが使われますが、

2月に用いられますよね。

 

ですから、瞬間と花冷えは時期も意味も違う、という事になります。

 

 

また、三寒四温という言葉がありますが、

三寒四温の本来の意味から考えると花冷えとは時期が違います。

 

三寒四温は本来は中国や朝鮮半島で、

冬に寒い日が3日続いて暖かい日が4日続く現象のことでした。

 

日本では起こらない現象ですね。

 

しかし、日本に三寒四温という言葉が伝わってきてからは、

春先に寒い日と暖かい日が交互に入れ替わることを

三寒四温というようになりました。

 

ですから、三寒四温は日本で使われるときは

本来春先のことを指していましたので、

元々の意味から考えると、花冷えと三寒四温の寒さは

時期が違うという事になりますね。

 

しかし、最近は4月に寒い日と暖かい日を繰り返しても

三寒四温という言葉が使われることがありますので、

そういう事から考えると、

花冷えは三寒四温の一種なんて考えることができますね。

 

 

また、寒の戻りという言葉がありますが、これも花冷えとは時期が違います。

 

寒の戻りは、5月頃に一時的に寒くなることを指します。

 

ですから、花冷えの後の寒さを寒の戻りと言うことができますよね。

 

 

春の寒さのことを春寒とか花冷えとか寒の戻りとか、

それ以外にもいくつかの言葉がありますが、

それぞれ微妙に時期が違います。

 

なんだか日本語って面白いですね。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)