感音性難聴 原因

スポンサード リンク



感音性難聴 原因 について

illust203感音性難聴の原因
様々です。

 

まず、生まれつき感音性難聴であることがあります。

 

妊娠中にお母さんが風疹になることが原因で生まれてきた赤ちゃんが感音性難聴になることがあります。

 

また、赤ちゃんがおなかの中での成長に異常があることが原因で、

感音性難聴になることもあります。

 

あと、で感音性難聴になることもあります。

 

生まれつき感音性難聴の場合、生まれたときにすでに難聴です。

 

 

また、生まれたときは感音性難聴ではないけど、

生まれた後に感音性難聴になることもあります。

 

この原因は様々なことが考えられています。

 

ストレス・頭部の怪我・加齢・騒音・メニエール病・

薬品・聴神経の腫瘍・髄膜炎・その他の疾患などが

感音性難聴の原因と考えられています。

 

 

これらのうちまずメニエール病は、

難聴、めまい、耳鳴り、耳閉感の4つの症状が

同時に起こる病気です。

 

メニエール病の難聴は、

低音域に障害のある感音性難聴で

あることがほとんどです。

 

 

髄膜炎とは、脳を覆っている膜(髄膜)に炎症ができることです。

 

 

感音性難聴の原因は今分かっているものでこれだけあります。

 

しかし、原因が不明の感音性難聴もたくさんあります。

 

ですから、感音性難聴は防ぐことが非常に難しいです。

 

 

感音性難聴は、重症でなければ補聴器を使うことで

ある程度は聞こえるようになります。

 

しかし、正確には聞き取れないことが多いです。

 

感音性難聴は音がゆがんで聞こえるという

表現がよく使われます。

 

音がゆがむとは、

例えば「はし」といったのに「はい」と聞こえてしまう、

ということです。

 

ですから、コミュニケーションに支障は出ます。

 

感音性難聴の予防策があればいいのですが、

今のところこれといった予防策がないのが残念です。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)