喉頭がん 年齢

スポンサード リンク



喉頭がん 年齢 について

201311203

喉頭がん(こうとうがん)の年齢のピークは、60歳代後半です。

 

20歳代、30歳代で喉頭がんになる人は少ないです。

 

40歳代から徐々に増えていき、

60歳代後半が発生率のピークになります。

 

喉頭がんの最大の原因は“たばこ”とされています。

 

喉頭がんになった人の96.5%もの人が喫煙者だ

というデータがあります。

 

たばこを30年、40年吸い続けた結果、

喉頭がんになってしまう、という事になります。

 

では、40歳からタバコを吸い始めたら、

喉頭がんのピークは80歳後半になるのかといえば、

そんな単純なことは言えないです。

 

がんは免疫力が弱くなると発症しやすくなります。

 

つまり、単純にタバコを吸い続けた期間だけで、

なりやすい時期が決まるわけではありません。

 

ただ、多くの人がたばこを吸い始めるのが

20代前半だと思いますので、

たばこを吸い始めてから30年、40年すると、

喉頭がんになりやすくなる、と考えていいと思います。

 

 

ただ、喉頭がんの最大の原因はタバコと言われていますが、

それ以外にも様々なことが原因として考えられています。

 

強いお酒の飲みすぎや辛いものの食べ過ぎなど、

のどを刺激する食べ物・飲み物なども喉頭がんの原因になる、

と考えられています。

 

そして、大声を出し続けると喉頭がんになりやすい、

と言われています。

 

実際に喉頭がんの患者の中に歌手が多いそうです。

 

喉頭がんになった有名人を見ると、

忌野清志郎さんが55歳、つんく♂さんが45歳で

喉頭がんと宣告されています。

 

喉頭がんのピークよりもかなり早いですよね。

 

私は忌野清志郎さんやつんく♂さんが、

たばこを吸っていたのかお酒を飲みすぎていたのか、

私は知りません。

 

ただ、大きな声を出すことが多い人は、

たばこやお酒を飲むことでピークより若く

喉頭がんになる可能性があると思います。

 

注意したいものですね。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)