急性肝炎 原因

スポンサード リンク



急性肝炎 原因 について

illust203

急性肝炎の原因はほとんどがウイルスです。

 

原因となるウイルスの種類によって、

主にA型、B型、C型に分けられます。

 

 

A型肝炎の原因となるウイルスは、

カキなどの二枚貝、魚介類、野菜などに潜伏していることが多いです。

 

それらを加熱調理すればウイルスは失活します。

 

しかし、ウイルスが含まれているものを生で食べると、

A型肝炎になってしまいます。

 

最近日本では、生ガキを食べたことでA型肝炎になる人が多いです。

 

また、衛生状態が良くないとウイルスが繁殖しやすいですが、

途上国などから輸入された野菜を生で食べてA型肝炎になった、

という例もあります。

 

 

B型肝炎、C型肝炎の原因となるウイルスは、

ともに血液によって感染することが多いです。

 

かつては輸血によってB型肝炎、C型肝炎に

感染した人がいて問題になりました。

 

しかし、現在は輸血によって肝炎になることはない、とされています。

 

 

日本でよく見られる肝炎のウイルスは

A型肝炎ウイルス、B型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルス

の3種類になります。

 

しかし、海外ではそれら以外に、D型、E型、G型、TT型があります。

 

また、いまだにウイルスを特定できていないウイルス性肝炎もあります。

 

 

そして、肝炎ウイルス以外の全身の臓器に影響を与える

ウイルスが原因で急性肝炎になることもあります。

 

 

また、ウイルス以外でも急性肝炎になることがあります。

 

アルコールの飲みすぎが原因で急性肝炎になることもあります。

 

薬剤が原因で急性肝炎になることもあります。

 

ただし、ウイルス以外が原因で

急性肝炎になることは非常に少ないです。

 

アルコールを飲みすぎると肝臓に負担がかかる、

と言われていますが、

アルコールの飲みすぎによる肝臓の病気は、

肝炎ではなくて脂肪肝のほうが圧倒的に多いです。

 

 

今の日本で急性肝炎になるのは、

A型肝炎ウイルスが潜伏している生ガキを食べたことが

原因であることが多いです。

 

生ガキを食べて急性肝炎になる確率はおそらく1%もないと思いますが、

どうしても急性肝炎になりたくないという事であれば、

生ガキを避けたほうがいいかもしれませんよ。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)