肺胞出血 原因

スポンサード リンク



肺胞出血 原因 について

201311203

肺胞出血の原因は血管炎、肺の病気、薬剤などによって

肺胞の血管が破れてしまう事です。

 

 

血管炎には様々な種類がありますが、

ほとんどの血管炎は原因がよくわかっていません。

 

ただ、肺胞の血管に炎症ができれば、

肺胞の血管が破れて出血しやすくなります。

 

 

また、薬剤によって肺の血管が破れやすくなります。

 

狭心症などで血液が固まりにくくなる薬を飲んでいれば、

肺胞の血管は破れやすくなりますので

肺胞出血の可能性が高くなります。

 

また、血圧を下げる薬(降圧剤)、血糖値を下げる薬(血糖降下薬)、

抗がん剤などあらゆる薬剤が肺胞出血の原因になります。

 

 

また、肺がんや肺結核など肺の病気によって、

肺胞の血管が破れやすくなることがありますので、

肺胞出血の原因になり得ます。

 

 

また、たばこや大気汚染によって肺胞の血管が傷んでしまうと、

肺胞出血の原因になり得ます。

 

 

ただし、すべての肺胞出血で原因が特定されているのかといえば、

特定されていないものも少なくありません。

 

ですから、原因不明の肺胞出血もあります。

 

 

ちなみに肺胞出血は予防方法は特にありません。

 

血管の炎症はほとんどが原因不明ですので、

防ぎようがないです。

 

また、薬剤も肺胞出血など副作用があることを知った上での投与ですから、

予防法はないですよね。

 

 

ただ、肺胞出血は薬剤の投与が原因の場合が多いです。

 

 

ですから、普段から健康的な生活を送って病気を防げば、

肺胞出血になることを少しは避けることができます。

 

ですから、普段から健康に留意して生活することは

非常に大切ですね。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)