A型肝炎 原因

スポンサード リンク



A型肝炎 原因 について

 

A型肝炎は、A型肝炎ウイルスが食べ物や飲み物を介して

口から体内に侵入することが原因で起こります。

201310312

現在の日本ではA型肝炎ウイルスの感染源は、

カキなどの二枚貝が多いです。

輸入野菜が感染源になったこともあります。

 

A型感染ウイルスは加熱すれば(85℃以上で1分以上)

ウイルスが失活します。

 

ですから、ウイルスに感染した生ガキなど加熱をしないで食べると、

A型肝炎に感染します。

 

A型肝炎は感染源が明らかにならないこともあります。

 

その場合考えられるのが、

海外のA型肝炎が流行している場所に行き、

そこでウイルスに感染した人が感染源になっている

可能性があります。

 

また、輸入食材が感染源である可能性があります。

 

 

日本は現在は衛生状態が良くなりましたので、

A型肝炎の集団感染は少なくなりました。

 

しかし海外で衛生状態が良くない国や地域では、

A型肝炎の集団感染が発生しています。

 

そういった国や地域に行けばA型肝炎に

感染する可能性は高くなります。

 

また、そういった国や地域から輸入した野菜などを食べれば、

感染する可能性が高くなります。

 

日本でも戦前は衛生状態が良くなかったことが原因で、

集団感染がありました。

 

しかし、現在はA型肝炎の原因は海外渡航か輸入食材です。

 

特に衛生状態が悪い国へ行くときは、

ウイルスに感染しないように注意が必要ですね。

 


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)