春分の日 食べ物 ぼたもち

スポンサード リンク



春分の日 食べ物 ぼたもち について

ohagi_botamochi

春分の日の食べ物といえば「ぼたもち」ですね。

 

ぼたもちをお供えしたり食べたりしますよね。

 

では、なぜ春分の日にぼたもちを

お供えしたり食べたりするようになったのでしょうか?

 

 

春分の日の前後はお彼岸と言いますよね。

 

彼岸とは、平たく言うと天国のことです
(正確性に欠ける表現になりますが…)。

 

そして、春分の日は昼と夜の長さが同じで、

太陽が真東から昇り真西に沈みますよね。

 

それで、この日は彼岸と通じやすい考えられていました。

 

ですから、春分の日の前後は先祖供養をするようになったんです。

 

 

また、小豆の赤色には災難から身を守る、と信じられていました。

 

それで、邪気を払うということと先祖を供養することが

結びついたと言われています。

 

 

それで、あんこにくるまれたぼたもちを

春分の日に食べたりお供えしたりするようになった、

と言われています。

 

 

ただし、これには諸説あります。

 

 

さて、秋分の日には

おはぎをお供えしたり食べたりしますよね。

 

このおはぎとぼたもちは

実は基本的に同じものであることをご存知でしたか?

 

基本的に同じ食べ物のことを、

春分の日にはぼたもちと言い、秋分の日にはおはぎと言います。

 

ではなぜ同じものを、

日によって呼び方を変えているのでしょうか?

 

 

ぼたもちは漢字で牡丹餅と書きます。

 

牡丹(ぼたん)の花は春に咲きますよね。

 

それで、小豆の粒を牡丹の花に見立てて、

牡丹の餅⇒ぼたもちになったと言われています。

 

 

また、萩(はぎ)の花は秋に咲きますよね。

 

それで、小豆の粒を萩の花に見立てて、

おはぎと呼ぶようになったと言われています。

 

 

しかし、最近は春分の日でも、

ぼたもちと言わずにおはぎということが多くなりましたよね。

 

春分の日におはぎをお供えする、

というのはなんとなく抵抗を感じてしまうのは私だけでしょうか?


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)