酒 飲みすぎ 吐く

スポンサード リンク



酒 飲みすぎ 吐く について

virus_outo

酒の飲みすぎで気持ち悪くなったら吐くと楽になる、

と思って指を口の中に突っ込んでまで

無理やり吐いたりしていませんか?

 

実は酒を飲んだ後に吐くのはとっても危険です。

 

吐くというのは、

胃の中のものが食道を通って口から外に出ることですよね。

20130509094932
(c)フリーメディカルイラスト図鑑

そして、吐くものには胃液が混ざっていますよね。

 

という事は、胃液が食道を通ることになります。

 

その際に胃液で食道の壁が溶けてしまうのです。

 

ですから、酒で気分が悪くなっても吐けば楽になる、

と考えて飲みすぎるのは危険です。

 

 

ただ、酒の飲みすぎで気持ち悪くなって

吐くのを我慢するのは不可能だと思います。

 

もし吐いてしまったら、

水を飲んで食道の胃液を薄めるといいです。

 

吐いたら口の中をすすぐと思いますが、

その後ついでに水を飲んでおくといいでしょう。

 

また、牛乳を飲むと胃液の働きが弱くなるのでおススメです。

 

 

さらに危険なのが、

胃液によって食堂の壁が溶け、破裂して

血が出てしまった場合です。

 

食道の下部が破裂して血が出る症状を

マロリーワイス症候群といいます。

 

これは病気になりますので、

もし嘔吐物に血が混ざっていたら病院に行きましょう

 

 

酒の飲みすぎで吐く原因は飲むペースが早いからです。

 

酒を飲むと胃腸からアルコールが吸収されます。

 

そして、血液で肝臓まで運ばれ分解されて

アセトアルデヒドという物質が生成されます。

 

そしてアセトアルデヒドは、

二酸化炭素と水に分解されて体外に排出されます。

 

しかし、飲むペースが早いと、

アセトアルデヒドの分解が間に合わなくなります。

 

アセトアルデヒドは有害の物質です。

 

それで、有害物質であるアセトアルデヒドが

なかなか分解されないので吐いてしまうのです。

 

飲むペースをゆっくりにすれば、

アセトアルデヒドの分解が間に合いますので、

吐くのを防ぐことができますよ

 

 

間違っても一気飲みはしないようにしましょう。

 

また、部下や後輩に一気飲みをさせるのはやめましょう。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)