疲れ目 頭痛 吐き気

スポンサード リンク



疲れ目 頭痛 吐き気 について

a0002_007512

疲れ目とともに頭痛吐き気がする場合があります。

 

その原因については様々な説があります。

 

ただ、今有力とされている説は、

目の周辺の筋肉のこりによる血流悪化

原因で頭痛や吐き気が起こる、

というものです。

 

疲れ目だと目の周辺の筋肉がこります。

 

そうなると、その周辺の筋肉までこります。

 

筋肉がこると血液の流れが悪くなります。

 

そうなると血液の流れを良くしようとする

物質が分泌されます。

 

その時に起こる刺激が脳に伝わって頭痛が起こる、

という事なんです。

 

そして、その痛みが神経によって

いろいろなところに伝わるので、

吐き気がする、という事なんです。

 

 

疲れ目で頭痛や吐き気が起こる原因は

諸説ありますが、

ほとんどが目の周りの筋肉のこりによる

血流の悪化が原因とされています。

 

 

という事は、疲れ目による頭痛と吐き気を止めるには、

疲れ目を治す以外に方法がありません

 

頭痛薬や吐き気を止める薬で

それらの症状を抑える効果はあるでしょう。

 

しかし、疲れ目が良くならなければ、

薬の効き目が切れた時に、

再び頭痛や吐き気がします。

 

 

疲れ目を良くするには、

目を酷使するのをやめて食生活を改善するといいでしょう。

 

ただし、それが簡単にできれば

疲れ目で悩まないですよね。

 

 

手っ取り早く疲れ目を良くするには、

目の周辺を温めるといい場合が多いです。

 

目の周辺に蒸しタオルなどを当てて

目の周りを温めましょう。

 

 

目の周辺を冷やすと

目の疲れを感じなくなる場合があります

 

目が充血していたり炎症を起こしている場合は

目の周辺を冷やしたほうがいいでしょう。

 

 

そして、目を思いっきり閉じたり開いたりしていると、

目の周辺の筋肉がほぐれるので、

疲れ目の解消とともに頭痛は吐き気も良くなるでしょう。

 

 

疲れ目を放置しておくと、

頭痛や吐き気だけではなく、

様々な症状を引き起こしてしまいます。

 

疲れ目になったら、

早めに対処したほうがいいでしょう。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)