花粉症 症状 悪寒

スポンサード リンク



花粉症 症状 悪寒 について

201402041

花粉症症状悪寒がすることがありますよね。

 

花粉で悪寒がするのは

風邪などで悪寒するのと同じメカニズム

ではないかという考えがあります。

 

風邪などで悪寒がするのは、

体内に侵入してきたウイルスを退治するために

体温を高くするためです。

 

体温を高くするために、

熱が外に出ないようにします。

 

それで、体の中心部で作られた熱を

皮膚の近くに運ばないようにするので、

皮膚の近くは温度が下がります。

 

それで悪寒がするわけですね。

 

風邪のウイルスは38℃以上で活動しなくなるため、

ウイルスを退治するために体温を高くしているのです。

 

それで、風邪をひくと悪寒がするのです。

 

 

花粉症は本来は体に害がない花粉を、

異物だと勘違いしてしまって追い出そうとするので、

様々な症状が出てしまいます。

 

花粉症の症状のくしゃみや鼻水は、

そうすることで花粉を体外に追い出そうと

しているのです。

 

それで、花粉に熱を加えると退治することができるのではないか、

と体が勘違いをすれば、体温を上げようとします。

 

そうなれば悪寒がします。

 

 

しかし、花粉症で悪寒がするメカニズムは

まだはっきりしていません。

 

 

花粉症はアレルギーの一種ですが、

アレルギーの症状は

自立神経という神経に異常をきたすと悪化する

と言われています。

 

そして、自律神経に異常をきたすと熱が出ます。

 

ですから、花粉症で自律神経に異常が生じると、

悪寒がするのではないか、

と考えることもできます。

 

 

なかには、花粉症そのものの症状で悪寒は考えられず、

風邪か何かを併発しているはず

という意見の人もいます。

 

 

花粉症の症状で悪寒がするメカニズムは、

まだはっきりしていません。

 

しかし、悪寒が花粉症の症状であるとしても、

そんなにひどくなることは考えられません。

 

あまりにも悪寒がひどい場合は、

風邪など他の病気を併発している可能性が高いです。

 

ですから、病院で診てもらったほうがいいでしょう。

 

 

また、悪寒がするメカニズムは先ほど説明した通り、

体の表面の温度が下がるからです。

 

ですから、体を外側から温めると、

悪寒を緩和することができます。

 

また、体温が十分に高くなれば、

体の表面にも熱を送るようになります。

 

ですから、しょうがなどを摂って体の内側から温めると、

悪寒を緩和することができます。

 

また、悪寒は発熱のサインと考えることができます。

 

ですから、発熱に備えておくといいですよ。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)