ゲリラ豪雨の予測は不可能!?

スポンサード リンク



ゲリラ豪雨 予測 不可能

 

夏になると、突然強い雨が降り、雷がなる、

ゲリラ豪雨に遭遇することがありますよね。

 

そのゲリラ豪雨があらかじめ予測できればいいのになぁ!?

なんて思ったことはありませんか?

 

しかし残念ながら、現状

あらかじめゲリラ豪雨を予測することは不可能

です。

 

ゲリラ豪雨寸前なら、ある程度予測ができます。

 

しかし、何時ごろ、どのあたりでゲリラ豪雨が起こるのか

事前に予測するのは不可能です。

 

 

「これだけ気象予報の技術が発展しているのに、

なんで予測不可能なんてだろう?」

なんて疑問を持ちませんでしたか?

 

ゲリラ豪雨をあらかじめ予測するのが不可能な理由を理解するには、

ゲリラ豪雨が発生するメカニズムを理解する必要があります。

 

 

▼ゲリラ豪雨が発生するメカニズム

ゲリラ豪雨は、地面付近の暖かく湿った空気が上昇し、

上空の冷たく乾いた空気と混ざり合うと、

大気が不安定になります。

 

そうすると積乱雲が発生します。

 

その積乱雲が局地的な雷を伴った大雨を

降らせるのです。

 

ここまでですと、

通常の集中豪雨と同じなので予測ができるのでは?

と考えてしまう人もいるでしょう。

 

通常の集中豪雨は積乱雲が発達するのに、

1時間程度かかります。

ですから、ある程度は予測することが出来ます。

 

しかし、ゲリラ豪雨の場合、

数分で積乱雲が発達してしまいますので予測不可能

なのです。

 

ゲリラ豪雨は、地球温暖化や

都市部のヒートアイランド現象が大きな原因とされています。

 

ヒートアイランド現象とは

都心部の気温が郊外に比べて高くなる現象です。

人工排熱(自動車、工場、エアコンなどからの排熱)

緑地の減少とコンクリートやアスファルト面の増加

密集した建物による風通しの阻害など

の3つがヒートアイランドの原因とされています。

 

それで、特に都市部では上空との空気と地上の空気の気温差がより大きいので

積乱雲が数分で発達して雷雨をもたらしてしまいます。

ですから現状ではゲリラ豪雨をあらかじめ予測するのは不可能なのです。

 

 

しかし、ゲリラ豪雨の予測は全く不可能ではありません。

 

ゲリラ豪雨が発生する寸前なら予測は可能です。

 

 

ゲリラ豪雨が発生する可能性のある場合に、

携帯メールで知らせてくれるサービスがあります。

 

ウェザーニューズの携帯サイトにあるのですが、

月額315円かかります。

 

ウェザーニューズのゲリラ豪雨の予測方法は、

リポーターの方々から送られる雲の写真を見て予測します。

 

ですから、当たる可能性は高いと好評ですが、

ゲリラ豪雨が発生する寸前でないと知らせてくれない、

という事です。

 

 

また、気象庁の「レーダー・ナウキャスト」で、

60分先までのピンポイントでの降雨予測を

パソコンやスマホから確認できます。

検索エンジンで「レーダー・ナウキャスト」と入力して検索すれば、

すぐに見つかると思います。

無料です。

 

 

技術が発展して、

もう少し早くゲリラ豪雨を予測できるようになると

いいですね。

朝の天気予報でゲリラ豪雨の予報がでるようになるまで、

まだまだ時間がかかりそうですね。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)