虚血性心疾患 原因

スポンサード リンク



虚血性心疾患 原因 について

201311203

虚血性心疾患の原因で一番多いのが動脈硬化です。

 

動脈硬化(動脈が硬くなって弾力を失った状態)になると、

血液がスムーズに流れなくなります。

 

心臓の筋肉(心筋)に酸素を送るのは血液です。

 

それで、心筋への血液の流れが悪くなると、

酸素が正常に送れなくなるので虚血性心疾患になります。

 

 

また、心臓を取り巻く動脈(冠動脈)の収縮の異常原因

虚血性心疾患になることもあります。

 

冠動脈の収縮に異常が発生すると、

心筋への血液の流れが悪くなります。

 

そうなると心筋に酸素を正常に送ることができなくなるので

虚血性心疾患になってしまうのです。

 

 

動脈硬化の原因は様々ですが、

血液中のコレステロールと中性脂肪の増加が

原因であることが多いです。

 

血液中にコレステロールや中性脂肪が増えると、

それらが血管の壁に付着します。

 

それが原因で血管が詰まったり破れたりしますので、

動脈硬化になってしまうのです。

 

 

また、喫煙をすると血管の収縮の邪魔をします。

それで動脈硬化になりやすくなります。

 

アルコールをたくさん飲むと

血液中のコレステロールや中性脂肪の量が増えるので

動脈硬化になりやすくなります。

 

その他、食生活の乱れやストレス、睡眠不足、運動不足など

生活習慣の乱れが原因で動脈硬化が起こることが多いです。

 

また、高血圧、高脂血症、糖尿病などの病気が原因で

動脈硬化になることもあります。

 

冠動脈の原因は動脈硬化の原因とほぼ同じです。

 

 

ですから、虚血性心疾患の原因は、

脂肪の摂りすぎ、喫煙、アルコール、栄養バランスの悪い食生活、

生活習慣の乱れ、生活習慣病と考えることができます

 

 

ですから虚血性心疾患は、

食生活などの生活習慣の乱れを改善すれば

防ぐことができます。

 

 

生活習慣の乱れは虚血性心疾患以外にも

様々な病気を引き起こしてしまいます。

 

ですから、普段から生活習慣が乱れないように

気を付けたほうがいいですね。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)