インフルエンザ 食事 大人

スポンサード リンク



インフルエンザ 食事 大人 について

a0002_007565

大人がインフルエンザになった時の食事の理想は、

栄養バランスが取れていて消化が良い食事です。

そして、水分補給をしっかりすることも大切です。

 

インフルエンザで熱があると水分を大量に失います。

 

それで体が水分不足になると、

インフルエンザが長引く可能性があります。

 

ですから、水分補給はしっかり行う必要があります。

 

ビタミン入りのスポーツ飲料が、

インフルエンザの時にはおススメです。

 

スポーツ飲料は糖分が入っているので、

インフルエンザを治すのに必要なカロリーの補給ができます。

 

また、ビタミンCはインフルエンザウイルスを

退治する力を強化します。

 

インフルエンザの時は、カロリーゼロのスポーツ飲料よりは

普通のスポーツドリンクがおススメです。

 

飲むときは体を冷やさないようにするため

常温で飲むと良いでしょう。

 

冷蔵庫から出してすぐに飲むと体が冷えます。

 

冷蔵庫から出してしばらく部屋に置いて、

室温と同じくらいになってから飲むといいでしょう。

 

 

水分補給のためにお茶を飲む方が時々いますが、

緑茶、紅茶を飲んでも水分補給したことにはなりません

 

緑茶は殺菌作用があるのでのどのうがいに効果的ですし、

紅茶は体を温めるので、

両方ともインフルエンザ治療には有効です。

 

しかし、両方ともカフェインが含まれていますが、

カフェインを処理するのに水分が使われます。

 

ですから、水分を補給したことにはならないです。

 

 

万が一食欲がなければ、大人であれば

スポーツ飲料だけ飲んでいれば問題はないでしょう。

 

しかし、栄養バランスのとれていて消化の良い食事を

食べたほうがいいです。

 

しかし、栄養バランスがとれていることと消化に良いこと、

この両方を満たす食事はかなり難しいです。

 

特にたんぱく質は消化が悪いですから、

栄養バランスを考えるとどうしても消化が悪くなりがちです。

 

そんな中でも、たまごはまだ消化が良いので、

インフルエンザの時には積極的に食べるといいでしょう。

 

そして、ビタミン、ミネラルが豊富に含まれていて

消化が良い食べ物は果物類です。

 

果物は体を冷やすものが多いですが、

リンゴ・グレープフルーツ・ブドウ・ももなどは

体を冷やしません。

 

ですから、インフルエンザの時には

そういった体を冷やさない果物を

積極的に摂取するといいでしょう。

 

あと、果物の糖分は吸収スピードが早いです。

 

ですから、すぐに糖分を吸収できるメリットがありますが、

すぐに糖分が使われてなくなるというデメリットもあります。

 

ですから、果物を数時間おきに食べると、

糖分を吸収し続けることができるのでいいですよ。

 

 

ちなみに、インフルエンザの時は、

熱を下げるために体を冷やしたほうがいいのでは、

と考えるかもしれません。

 

しかし、体を冷やすとインフルエンザが治りにくくなります。

 

ですから、インフルエンザの時は

基本的に体を温めるようにしたほうがいいです。

 

 

ただし、体温が42℃超えると危険です。

 

また、体温が高すぎて眠れないと

インフルエンザの治りが遅くなります。

 

そういった時は熱を下げることを考えないといけません。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)