遺伝子検査 能力 大人

スポンサード リンク



遺伝子検査 能力 大人 について

illust203

遺伝子検査でわかる大人の能力は、

IQ・EQ・運動・音楽・絵画・ダンスの

6つの潜在能力です。

 

IQは知能指数、つまり知的能力の高さを示しますよね。

 

EQは心の知能指数、

つまり感情を抑えることができたり

他人の感情を読んだりする能力の高さを示します。

 

遺伝子検査ですから、

潜在的に備わっている能力を検査するわけです。

 

それで、遺伝子検査で能力を調べる場合は、

10歳くらいまでが有効と言われることがあります。

 

というのは、人間の能力は

遺伝子だけで決まるものではありません。

 

努力や環境、運など様々な要因で

人間の能力は伸ばすことが可能になります。

 

遺伝子検査はその人本来が持っている能力を知ることで

より伸ばしやすい能力を知ることができます。

 

運動能力が遺伝子レベルで見て優れているのであれば、

運動能力を他の人よりも伸ばしやすくなります。

 

逆に遺伝子レベルで見て運動能力が優れていても、

努力を全くしなければ運動能力を伸ばすことができません。

 

大人が遺伝子検査によって本来持っている能力を検査しても

遺伝子に関係なくすでに努力や環境などによって

伸びている能力、伸びていない能力があるはずです。

 

例えば遺伝子レベルで運動能力が優れていても、

運動能力を伸ばす努力してこなかったら、

他の人よりも運動能力が劣っているはずです。

 

それで、大人になって遺伝子レベルで

運動能力が優っていることがわかっても、

人並み以上の運動能力を身に付けるには、

人並み以上の努力が必要だ、

という事になります。

 

ですから、大人になってから遺伝子検査で

能力を検査しても意味がない、という意見があります。

 

 

しかし、大人が遺伝子検査で能力を調べる意味が

全くないかといえばそうとも言い切れないです。

 

例えば大人になってから

何か趣味を持ちたいと考えた場合、

遺伝子検査で能力を調べることで、

どの分野の趣味が本来能力があるのかがわかりますので

どんな趣味が適しているのかがわかります。

 

例えば、絵画の能力が優れているとわかった場合、

絵画に没頭できたりすることもあります。

 

実際に定年を迎えて老後を楽しむために

趣味を持ちたいと思ったけど、

何が適しているのかわからなかったので、

遺伝子検査をしたら

音楽の能力が優れていることがわかったのでギターを始めた、

なんていう事があります。

 

遺伝子検査で能力を調べる場合、

最低でも3万円くらいはしますので、

決して手軽に出来るものではありません。

 

ただ遺伝子検査が大人が今後人生を楽しむことのできる

きっかけになるのではないか、と思いますので、

検査する価値があるのかはその人の考え方次第だと思います。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)