次亜塩素酸水の作り方

スポンサード リンク



次亜塩素酸水の作り方 について

101401211

ノロウイルスの消毒に有効な次亜塩素酸水は、

薬局などで購入することができます。

 

しかし、ノロウイルスの消毒で

わざわざ次亜塩素酸水を購入して使わなくても

自宅にあるものでノロウイルスの消毒液を

作ることができます。

 

そこで、ここでは

次亜塩素酸水の代わりになるノロウイルスの消毒液の

簡単な作り方を紹介します。

 

床や便器、衣服(洗濯直前のもの)など、

直接手を触れないものを消毒する際は0.1%の濃度

おもちゃや調理器具など直接手に触れるものは0.02%の濃度

のものを使います。

 

まず用意するものは、

塩素系漂白剤(ハイターなど)とペットボトル

があれば作ることができます。

 

塩素系漂白剤には次亜塩素酸ナトリウムが含まれています。

濃度はどの塩素系漂白剤もだいたい約5%です。

 

次亜塩素酸ナトリウムが主成分の漂白剤を

塩素系漂白剤といいますが、

念のため次亜塩素酸ナトリウムが含まれているか、

原料を見て確認したほうがいいでしょう。

 

まず、ペットボトルをきれいに洗います。

 

そして、ペットボトルに半分くらいの水を入れます。

 

そこに塩素系漂白剤を入れます。

 

0.1%の次亜塩素酸水代わりの消毒液を作る場合は、

500mlのペットボトルの場合は漂白剤10ml
(500ml×0.1%÷5%=10ml)

2ℓのペットボトルの場合は漂白剤40mlです。
(2000ml×0.1%÷5%=40ml)

 

0.02%の次亜塩素水代わりの消毒液を作る場合は、

500mlのペットボトルの場合は漂白剤2ml
(500ml×0.02%÷5%=2ml)

2ℓのペットボトルの場合は漂白剤8mlです。
(2000ml×0.02%÷5%=8ml)

 

花王のハイターの場合、

キャップ半分で12mlですので、

キャップ半分弱が10mlという事になります。

 

それで、2mlとか8mlとか計量が難しいと思いますので、

0.02%の次亜塩素酸水代わりの消毒液を作る時は

2ℓのペットボトルに10mlの漂白剤を入れて作っても

問題ないでしょう。

 

そして、漂白剤を入れたあと、

ペットボトル一杯になるまで水を入れます。

 

そしてペットボトルのふたをしてよく振れば

次亜塩素酸水代わりの消毒液の完成です。

 

 

家に下のイラストのような“じょうご”がある場合は、

ペットボトルに水や漂白剤を入れる際に使うと便利です。

201301213

ただし、金属製のじょうごは使わないでください。

 

金属に次亜塩素酸ナトリウムをかけると金属が腐食します。

 

キッチン用の計量カップを使っても注ぎやすくなりますね。

 

キッチン用の漂白剤で次亜塩素酸水代わりの消毒液を作れば、

計量カップで漂白剤をペットボトルに入れても問題ないです。

 

ただし、使う前に計量カップをきれいに洗いましょう。

そして、使った後はきれいにすすぎましょう。

金属製の計量カップは使わないようにしましょう。

 

 

あと、次亜塩素酸水代わりの消毒液と酸素系の洗浄剤が

混ざらないように気を付ける必要があります

 

次亜塩素酸ナトリウムと

酸素系の洗浄剤に含まれている塩酸が混ざると、

有毒ガスが発生して危険です。

 

トイレの洗剤は酸素系で塩酸が入っているものがほとんどです。

 

ですから次亜塩素酸水代わりの消毒液でトイレを消毒する時は

細心の注意が必要です。

 

 


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)