ノロウイルス 潜伏期間 感染

スポンサード リンク



ノロウイルス 潜伏期間 感染 について

201310312

ノロウイルスに感染してから症状が出るまでの

潜伏期間はだいたい1日~2日くらいです。

人によっては早ければ10時間くらいの場合もありますし、

遅いと4日間くらいになることもあります。

 

感染しても症状が出ていない

潜伏期間でも他の人に感染させてしまいます

 

ノロウイルスに感染すると、

潜伏期間であっても便にノロウイルスが混ざります。

 

それで、その便から他の人に感染することがあるのです。

 

 

大人がノロウイルスに感染しても症状が出ずに

終わってしまう事があります。

 

しかし、症状が出なくてもノロウイルスに感染すれば

便と一緒にノロウイルスを出し続けますので、

そのウイルスがお子さんに感染して発病した、

という事はよくあるのではないか、

と考えられています。

 

 

ノロウイルスに感染しているかどうかは、

検査をしない限り症状が出るまでわかりません。

 

ですから、ノロウイルスが流行している時期は、

家族や周りに誰も発病していなかったとしても

感染している可能性があるので

予防をしたほうがいいでしょう。

 

ノロウイルスに感染した人は、

便や嘔吐物とともに大量にウイルスを排出します。

 

排便の後は手をよく洗いましょう。

 

また、嘔吐の後は経口感染させる可能性があります。

 

嘔吐したら口をよくすすぎましょう。

 

手をしっかり洗う事は言うまでもありません。

 

 

また、ノロウイルスは乾燥すると空気に漂い、

これが口に入って感染することがあります。

 

便や嘔吐物は乾燥させることのないよう、

きれいに洗い流しましょう。

 

便座の裏などに便がつき、

それが乾燥したらノロウイルスが空気に舞います。

 

ノロウイルスが流行している時期は、

トイレは念入りに掃除をしたほうがいいでしょう。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)