狭心症 原因

スポンサード リンク



狭心症 原因 について

201311203

狭心症は、

心臓に酸素や栄養を送り込む血管(冠動脈)が狭くなることで、

急に胸が圧迫されるような発作が起こります。

 

冠動脈が狭くなる原因は、

糖尿病、高血圧、脂質異常症(高脂血症)などによって

血管が詰まったり硬くなるために起こることが多いです。

 

 

また、動物性脂肪の多い物を食べると、

血液中に悪玉コレステロールや中性脂肪が増えます。

 

それで、血液中の悪玉コレステロールや中性脂肪が

血管に付着することで、

血管が狭くなったり硬くなったりしますので、

狭心症を起こします

 

 

そして、

喫煙やアルコール、食生活や生活習慣の乱れ、

ストレス、運動不足などが原因で

血管は硬くなりますので、

狭心症を起こしてしまいます

 

 

狭心症は、

初期のころは運動をしたときや興奮したときなど

心臓の動きが激しくなった時に発作が起こります。

 

心臓の動きが早くなると、

心臓が酸素や栄養をより多く必要とします。

 

しかし、冠動脈が狭いと

十分に酸素と栄養を心臓に送ることができないので、

それが原因で発作を起こしてしまうのです。

 

また、冬になると狭心症の発作が起こりやすくなります。

 

急に暖かいところから寒いところに移動すると、

血管が縮みます。

 

それが原因で心臓に酸素と栄養を送ることができなくなるので、

発作を起こしてしまうのです。

 

 

ただし、狭心症が進行すると、

安静時にも発作が起こるようになります。

 

寝ているときに狭心症の発作を

起こすようにもなるのです。

 

そして、発作が治まるまで時間がかかるようになります。

 

そして、心筋梗塞を起こすようにもなります。

 

 

狭心症は遺伝でなりやすい人もいます。

 

しかし、遺伝で狭心症になりやすい体質だとしても、

栄養バランスの取れた食事を摂り、規則正しい生活を送るなど、

狭心症になりやすい原因を取り除けは

あらかじめ予防することができると言われています。

 

ですから、狭心症になるかならないかは、

普段の生活習慣にかかっていると考えていいでしょう。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)