節分 いわし 意味

スポンサード リンク



節分 いわし 意味 について

setsubun_iwashi

節分に焼いたいわしの頭を、ひいらぎの小枝に刺して

戸口に挿す習慣がありますよね。

 

これには魔除けの意味があります。

 

ひいらぎの葉にはとげがありますよね。

 

このとげが鬼の目を刺すので、

戸口から鬼が入ってこられなくなる、

と言われています。

 

また、いわしを焼いた時に出てくるにおいのある煙で、

鬼が近づいてこなくなる、とも言われています。

 

これは、平安時代に、

正月に門口に飾るしめ縄に、

ひいらぎの枝とぼらの頭を刺していたことが

由来だと言われています。

 

それが時代とともに形が変わっていき、

いつの間にか節分にひいらぎの小枝にいわしの頭を刺して

戸口に挿すようになった、ということです。

 

 

また、西日本を中心に、

節分でいわしを食べる習慣がありますよね。

この意味は、いわしの頭をひいらぎに刺して

戸口に挿すのと同じ意味で、

イワシを焼いたときの煙で鬼が近づいてこなくなる、

と言われています。

 

 

最近では、節分に健康に良いいわしを食べのは、

健康や無病を祝う意味がある、

なんて言われる事もあります。

 

しかし、これはいわしを売るための宣伝文句として

業者が考えたような気がしないでもないですね。

 

節分は豆まきをして歳の数だけ豆を食べ、

恵方巻を食べて、そしていわしを食べれば、

完璧な節分になりそうですね。

 

ちなみに、ひいらぎの小枝にいわしの頭を刺したものは、

節分の日に戸口に挿し、翌日には外すのが一般的です。

 

そして、半紙に包んで塩で清める方が多いと思います。

 

せっかく戸口に挿すのであれば、

挿したりはずしたりする時期や処分の方法など

きちんとしたほうが良さそうですよね。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)