痛風 原因 女性

スポンサード リンク



痛風 原因 女性 について

a0002_004054

かつては男性と比べると

女性は圧倒的に痛風になる人が少なかったです。

 

しかし、最近女性で痛風になる方が増えています。

 

その大きな原因はホルモンバランスの乱れだと言われています。

 

痛風になる女性が少なかったのは女性ホルモンのおかげです。

 

痛風は体内の尿酸という物質の濃度が

高くなることが原因で起こります。

 

尿酸は血液や尿に溶けにくい性質がありますが、

体内の尿酸の濃度が高くなると、

関節に尿酸がくっついてしまうので、

関節などが痛くなるのです。

 

しかし、女性ホルモンには

尿酸を体外に排出するのを促す働きがあるので、

女性の痛風患者は少なかったんです。

 

しかし、ホルモンバランスが乱れ、

女性ホルモンの分泌量が少なくなると、

尿酸を体外に排出することが促されなくなるので、

痛風になる確率が高くなってしまうのです。

 

 

最近、ホルモンバランスが乱れている女性が増えた原因は、

いろいろ考えられます。

 

ホルモンバランスは、

ストレス、食生活の乱れ、生活習慣の乱れ、冷え、水分不足

などが原因で乱れます。

 

それで、最近はストレスの多い世の中になりましたし、

食生活が乱れやすくなりましたし、

睡眠不足など生活習慣が乱れている人が増えましたので、

ホルモンバランスが乱れている女性が増えた、

と考えられています。

 

痛風を治すには、体内の尿酸を減らすために、

尿酸の原料であるプリン体を減らすと良い、

と言われていますよね。

 

女性が痛風になったら、

プリン体を減らすのと同時に、

ホルモンバランスを整えるようにする必要があります。

 

ホルモンバランスが乱れる原因をすべて取り除けば、

自然とホルモンバランスは整っていきます。

 

仕事などで仕方のないことはあると思いますが、

ストレスはきちんと発散をして、

栄養バランスの取れた食事をし、

規則正しい生活を送るなど、

ホルモンバランスが乱れる原因を取り除けば、

ホルモンバランスを整えることができ、

痛風を治すことができるでしょう。


スポンサードリンク

コメントを残す





*

Comments links could be nofollow free.

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)